鳩山首相が伊勢神宮参拝=「国民が納得できる1年に」(時事通信)

懸賞 2010年 01月 06日 懸賞

 鳩山由紀夫首相は4日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝した。参拝後は記者団に「政治主導で日本の社会が変わる姿を2010年代で示していきたい」と述べるとともに、「国民の皆さんが納得できると思っていただけるような1年にしたい。そのことを祈りました」と語った。
 首相の伊勢神宮参拝は新年の恒例行事。非自民連立政権で細川護煕元首相も参拝しており、鳩山首相も慣例を踏襲した。モーニング姿の首相は一般参拝客との握手に気軽に応じながら参道を歩いて移動。同日は中井洽国家公安委員長、仙谷由人行政刷新担当相、松野頼久官房副長官らが同行した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

王者の風格
海外移住計画
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-01-06 15:34

<< 最古の両生類の足跡か=4億年近...