余裕?小沢氏、名人と囲碁対局 引き分けに「衝撃」(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 12日 懸賞

 民主党の小沢一郎幹事長は10日、東京都千代田区の日本棋院で、史上最年少で名人位を獲得した井山裕太名人(20)と囲碁の対局に臨んだ。小沢氏は自身の資金管理団体の土地取得をめぐる疑惑の渦中におり、近く東京地検に事情聴取されるとみられているが、あえて余裕を見せつけたといえる。

  [フォト] 真剣な表情の小沢氏

 この対局は民主党青年局が、若い世代に党をアピールしようと11日の成人の日にちなんで企画した。対局は2時間に及び、小沢氏が3目のハンデを生かし優勢を保ったが、終盤になって名人が巻き返し引き分けとなった。

 小沢氏は対局後の井山名人との対談で「手心を加えていただいたのだと思うが、持碁(引き分け)は自分としては大変、衝撃でうれしい」と顔をほころばせた。その上で、成人式を迎える名人に「志した道を最後まで初心を忘れずに、精神年齢は若く(保ち)、とにかく一つの目標に向かって努力するのが大事だ」とアドバイスした。

 しかし、日本棋院を出ると、すっかり笑顔を消え、報道陣からの「幹事長、事情聴取は受けたんですか」との質問にも無言のまま車に乗り込んだ。

【関連記事】
裏献金で土地購入 小沢氏「はぁ?」恫喝気味にはぐらかし
渡部氏「小沢君、去年のことは忘れよう」 確執解こうと呼びかけ
“小沢資金”の謎、不要な融資 個人資産隠し?
小沢氏が自民牙城に猛攻 渦中でも選挙大事?
鳩山首相は誰に似ているか? オバマにも盧武鉉にも失礼だ

かなめのブログ
私の親、ピアノ講師です。
出会いランキング
債務整理・自己破産
ライブチャット
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-01-12 20:16

<< 宝恵かご行列 福娘ら乗せ 大阪...   谷垣氏、中曽根氏ら自民総裁経験... >>