参院選後、民主と連携も=人物本位で選挙協力−公明の山口代表(時事通信)

懸賞 2010年 01月 13日 懸賞

 公明党の山口那津男代表は10日のNHK番組で、夏の参院選での選挙協力に関して「政党対政党は今、考えにくい状況だ。人間関係を中心に選挙基盤を広めていく」と述べ、自民党だけでなく民主党とも人物本位で協力する考えを示した。その上で、参院選後の民主党との連携について「国民の本当のニーズを実現するために何が望ましいかという視点で選択していきたい」と語り、連携の可能性に含みを持たせた。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

v198e6suのブログ
日光浴
クレジットカード現金化
債務整理
クレジットカード現金化 比較
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-01-13 16:10

<< 母親殺害、遺体を焼肉店冷凍庫に...   宝恵かご行列 福娘ら乗せ 大阪... >>