<文化財防火デー>意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)

懸賞 2010年 01月 27日 懸賞

 文化財防火デーの26日、奈良県斑鳩町の法隆寺で防火訓練があった。地元の西和消防組合や同町消防団、同寺自衛消防団のメンバーら約100人が参加。消防車がサイレンを鳴らしながら境内に出動し、金堂や五重塔近くにある鏡池に向かって一斉に放水した。

 1949年1月26日、同寺金堂壁画の模写中に起きた失火で壁画が焼損。この火災をきっかけに文化財保護法が制定され、55年に文化財防火デーが定められた。

 訓練に先立って午前10時から法要があり、金堂や焼損した壁画が当時のまま保存されている収蔵庫で大野玄妙管長らが読経。貴重な文化財を守るため、防火への意識を新たにした。【花澤茂人】

【関連ニュース】
お身ぬぐい:2年ぶりサッパリと 法隆寺
消防訓練:「文化財守る」 加古川・鶴林寺で、国宝・本堂などに一斉放水 /兵庫
撮れたて!:法隆寺の「修正会」 静寂の懺悔 /奈良
修正会:昼夜絶えぬ祈り−−斑鳩・法隆寺 /奈良
世界遺産へ時間旅行:/29 日本(奈良) 法隆寺 607年

仲間飛び降り死「ニュース見て怖く」=少年2人出頭、万引き容疑で逮捕−大阪府警(時事通信)
<JR京浜東北線>踏切に人!緊急停車で6万人影響(毎日新聞)
消防職員の団結権、今秋に結論=有識者検討会が初会合−総務省(時事通信)
「収支報告書の記載は把握せず」小沢氏(読売新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-01-27 17:31

<< 首相、参院選後の省庁再編検討 ...   「地域の神様」「単なるお守り」... >>