<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ボディスキャナーで透撮チェック 成田空港でも(レスポンス)

懸賞 2010年 03月 31日 懸賞

国土交通省は、7月に成田空港に、爆発物探知のためのミリ波型ボディスキャナーを設置する。

ボディスキャナーによる所持品検査は、2009年12月にアメリカ・デトロイト行きのノースウエスト機で起きた爆破テロ未遂事件を教訓に各国で導入が進んでいる。金属探知機で発見できない化学物質などの爆発物関連物質を発見するための対策。

検査方法は、ミリ波を搭乗者の全身に照射、全裸状態の体型を透視し、不審物の所持を検査するというもの。

7月の成田空港への設置は、常設のための実証実験で、約1か月間にわたって運用方法や評価手法を検討する。設置されるボディスキャナーは3モデルあり、国内メーカー1種類と海外2種類で比較検討される。

国土交通省航空局は設置に先立ち、4月に「ボディスキャナー実証実験実行委員会」を発足。実証実験で使用された機種の検知能力の評価や、搭乗者のプライバシー保護など導入に向けた課題について検討する。実行委員会メンバーは未定。

ボディスキャナーの積極活用は、前原国交省が出席したアジア太平洋地域航空保安大臣会合で共同宣言として採択され、30日の閣議後会見で、日本国内での実施を前原氏が発表した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
業界初、空港対応型レンタルバイク 新千歳に開店へ
900km/hで飛行中の操縦席でハイ、チーズ!?---写真公開
航空・宇宙 特別編集
国土交通省 特別編集

西松建設との和解を拒否=中国人強制連行で一部元原告(時事通信)
<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)
【春の高校バレー】東京勢は男女4校8強入り(産経新聞)
食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記−政府(時事通信)
桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-31 05:30

「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)

懸賞 2010年 03月 28日 懸賞

 電子出版時代に対応するため出版大手31社で設立した「日本電子書籍出版社協会」(代表理事・野間省伸講談社副社長)が24日、設立総会と理事会を開いた。記者会見した野間代表理事は「電子書籍普及が進む米国の市場と日本では再販制度など環境が異なる。日本の消費者に合った独自の電子書籍市場を構築し、紙との共存共栄を図りたい」と語った。
 同代表理事は活動方針として「著作者にきちんとお金が行くような仕組みを作り上げる」と強調。アマゾンのキンドルやアップルのiPad(アイパッド)など電子書籍端末の日本市場参入が見込まれることについては「協会が交渉窓口になることはない。企業が個別にやることだ」と述べた。 

【関連ニュース】
詳報iPad アップル、次は電子書籍に挑戦
電子書籍で懇談会=データ形式視野に協議
大証HCのウェッジHDとマザーズのアップルが資本提携=オートバイリースを拡大
「iPad」、日本発売は4月下旬=当初より遅れ

<東武ワールドスクウェア>ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?(産経新聞)
「見たことない」兵庫の患者骨折、防止2度逃す(読売新聞)
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
財源なければ政権公約修正すべき…民主・岡田氏(読売新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-28 00:39

鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 26日 懸賞

【松本浩史の政界走り書き】

 政府・民主党では、夏の参院選前に内閣改造・党役員人事を行い、政権浮揚に結びつけるシナリオがささやかれている。鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題などが響き、報道各社の世論調査では内閣支持率が軒並み下落。その挽回策として人事を一新し、反転攻勢に出ようというわけだ。

 もっとも、首相は記者会見などで「考えていない」と改造論を一蹴している。それでもくすぶっているのは、表向き強気の姿勢をみせている首相自身が実は、政権支持率の低下に気をもんでいるという事情がある。

 ある政府関係者にその辺の事実関係を尋ねたら、こんな答えが返ってきた。「首相が内閣支持率の低下を気にしているのは間違いない。どうにかして反転攻勢をしかけないと」。つまり、政権の置かれた環境次第で「改造カード」を切り出す可能性はあるというわけだ。

 人事を断行するには大義名分が必要となる。政権浮揚策の思惑だけがにじめば世論に見透かされ、狙い通りの展望は開けない。改造論者には、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に伴う混乱収拾に求める声が強い。

 今月上旬、移設問題をめぐり、首相周辺が社民党幹部を訪ね、説得を試みている。首相周辺は、キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部や陸上部へ移設することの重要性を説いたのに対し、社民党側は、アメリカ領グアムなど国外・県外への移設を主張し、折り合えなかったとみられる。そのことは首相周辺がその後、「(社民党説得は)疲れちゃったよ」と、親しい関係者に弱音を漏らしたことからもうかがえる。

 社民党の福島瑞穂党首は、移設問題が同県内で決着した場合、連立を離脱する可能性について「今の段階で結論を出すことはできない」と述べ、離脱ムードが広がることに神経をとがらせている。だが、党内には、参院選を視野に独自色を発揮した方が得策として、「離脱やむなし」との空気は消えない。

 社民党を「震源地」とする内閣改造は、果たしてどこまでの実現可能性があるのか。別の首相周辺からはこんな見立てを聞いた。「民主党から社民党を切ることは絶対にない。小沢氏も参院選後の政局に備え、連立離脱を切り出す考えはない。向こう(社民党)が出ていくなら止めはしないけれど」

 昨年9月に与党3党が交わした連立政権の合意書では、移設問題に関し「米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」と明記しており、首相は先の衆院選で、「最低でも県外」と訴えていた。政府は3月末に移設案を取りまとめる方針とはいえ、県内とする案になれば、「公約違反」の批判が沸き上がることは必至だ。

 政府は昨年10月、自民党政権下で設置された「普天間飛行場の移設に係る措置に関する協議会」(普天間協)を廃止する方針を決定。その後、平野博文官房長官をトップとする「沖縄基地問題検討委員会」を立ち上げ協議を重ねてきたものの、同委での実質協議は見送り、平野氏が取りまとめ役として水面下での調整に奔走している。平野氏は周辺に、移設問題の解決について、「自分の首(進退)をかけてやる」との覚悟を示している。移設問題は、対米関係への配慮から県内に決着する公算が大きい。となれば、「公約違反」の責任を誰かが負わなければ、野党はもちろん、世論を納得させることも到底できないだろう。

 移設問題に対する政府の取り組み方をみていると、平野氏の辞任に伴う改造論という筋書きもみえてくる。改造論者に共通しているのは、「規模は小幅」という認識だ。さらに党役員人事と連動させるべきと唱える向きも強い。そこで、自身の「政治とカネ」問題について十分な説明責任をせず、批判の矢面に立っている小沢氏をどう処遇するのかが最大の焦点となる。

 民主党幹部は内閣改造の行方をこう見通す。「4、5人動かすだけでいい。その際は、政府と党で『タスキがけ人事』をすることが大切だ。『ポスト小沢』の幹事長人事で、『小沢院政』との批判を招くまねをしては元も子もない。首相に近い政治家を政府から持ってくるのがベスト」

 小沢氏は、昨年の西松事件で代表から選挙担当の代表代行に退いた。代表辞任後は、代表選が行われ、「政治とカネ」問題に絡む世論の批判をかわすことで、政権交代を実現させた。だが、先の長崎知事選で支援候補が敗北したように、無党派層からの支持を急速に落としている主因は、小沢氏が幹事長にとどまり、自浄能力を発揮できない民主党の体たらくにある。

 それでも、選挙の実務を仕切る小沢氏は、参院選に向け、候補者選定に汗を流しており、空白区での候補擁立に血眼になっている。候補予定者の説得工作となれば、「『明日にでも』などとのんきなことはせず、『今すぐだ』と言って、全国を飛び回る」(党関係者)フットワークのよさと、選挙区事情に通じている戦略眼は「ほかにできる政治家は党内にいない」(同)。

 今月下旬には、首相の政治資金収支報告書の虚偽記載にかかわる元公設秘書の初公判があり、4月下旬には判決を迎える。ゴールデンウイーク(GW)前後には、再び「政治とカネ」問題が浮上するだろう。党内にはすでに、「ポスト小沢」や平野氏の後任などの名前が取りざたされており、首相が内閣改造・党役員人事に踏み切る“環境”は、これからさらに整っていくように感じる。

【関連記事】
【鳩山政権考】「愛なき結婚」の代償
鳩山首相、参院選公約「聖域なく議論」
地方分権推進委が「政府批判」の声明を発表へ
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」
鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」
20年後、日本はありますか?

飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑−沖縄県警(時事通信)
<エレベーター事故>運輸安全委に昇降機部門新設(毎日新聞)
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突−山口(時事通信)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調−鳩山首相(時事通信)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-26 17:21

<訃報>益田勝実さん86歳=国文学者、元法政大教授(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 24日 懸賞

 益田勝実さん86歳(ますだ・かつみ=国文学者、元法政大教授)2月6日、老衰のため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主はめい岡田清子(おかだ・きよこ)さん。

 国文学に考古学や民俗学の手法を取り入れ、古代日本の思想と文学の研究領域を広げた。06年、主要著書と論文をまとめた「益田勝実の仕事」(全5巻)で毎日出版文化賞を受賞した。

復興方針の早期提示を=首都直下地震で−内閣府検討会(時事通信)
カート暴走、運転手書類送検(産経新聞)
「私の組織で抹殺します」 部下脅迫の疑い、大和市職員逮捕(産経新聞)
高校無償化 法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)
地下鉄サリン15年 遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-24 13:08

西山茉希も登場! 関空でファッションショー(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 19日 懸賞

 関西国際空港の出国エリア「KIXエアサイドアベニュー」が15日にグランドオープンするのを前に、同アベニューのイメージキャラクターでモデルの西山茉希さんが登場するファッションショーが13日、関空内で開かれた。西山さんのトークショーも行われ、多くの若者たちでにぎわった。

 「KIX STYLE COLLECTION」と題したファッションショー。旅に出かけるファッションスタイルをテーマに、西山さんらモデルが、関空らしく国際色豊かなブランドの衣装を披露した。

 西山さんは、KIXエアサイドアベニューについて「海外のショッピングモールを取り入れる発想がすごい。空港は楽しめる場所。プライベートでも遊びに来たい」と話していた。

【関連記事】
西山茉希、白黒のシックな着物姿で上品に
花粉対策グッズが華やかに ファッション性アップ
西山茉希、本命チョコは「2、3年作ってない」
西山茉希、自信の背中全開セクシーショット
スレンダーボディー山本美月が鮮烈デビュー
20年後、日本はありますか?

<北海道8区>佐藤健治被告、5年間立候補禁止が確定(毎日新聞)
<自民党>参院選 選挙区で追加公認候補を発表(毎日新聞)
首相、普天間移設先の説明は「沖縄が中心になる」(産経新聞)
鳩山内閣半年…熱気冷め、漂う閉塞感(読売新聞)
「脂肪肝」と院生呼ぶ、大分大教授を戒告(読売新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-19 22:28

「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 18日 懸賞

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営に北海道教職員組合(北教組)が1600万円を不正に提供したとされる事件で、小林議員が札幌地検の参考人聴取を受けたことについて、鳩山由紀夫首相は13日、「事情聴取を受けたとするならば、当然そこで正直に真実を述べてくれたと理解している」と強調した。視察先の奈良市内のホテルで、記者団の質問に答えた。

 民主党執行部は既に小林議員の辞職は不可避と判断しているが、鳩山首相は「出処進退は自身で判断すべきことだ」と述べた。

【関連記事】
小林議員、月内に進退判断か 北教組への関与は否定
教師の選挙運動 地方公務員も罰則が必要
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 
「北教組の1600万円なんて端金は受け取りません」
関係者激白…違法献金の小林議員は「パン屋のおばさん」
20年後、日本はありますか?

<東京大学>合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構(時事通信)
EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
首相「普天間、進退かけるつもり全くない」(読売新聞)
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問(産経新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-18 15:49

法隆寺の土塀破損=重要文化財、瓦割れる−奈良(時事通信)

懸賞 2010年 03月 17日 懸賞

 15日午後3時10分ごろ、奈良県斑鳩町の法隆寺で、巡回していた男性職員が、国の重要文化財「法隆寺東院大垣」の瓦1枚が破損して溝に落ちているのを見つけ、県警西和署に通報した。同署が詳しい原因を調べている。
 同署によると、東院大垣は上に瓦が乗った土塀で、高さは約3.8メートル。破損した瓦は直径約14センチの円形で真っ二つに割れ、西側の町道横にある溝に落ちていたという。 

在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」(医療介護CBニュース)
水俣和解一時金210万円 熊本地裁所見示す(産経新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
大学のグラウンドにウサギの死体(産経新聞)
<NHK>強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に(毎日新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-17 00:11

<仮処分申し立て>記者会見出席拒まれたジャーナリストが(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 12日 懸賞

 国家公安委員長の記者会見に出席し取材することを妨害されたとして、ジャーナリストの寺沢有さん(43)が8日、国を相手に妨害禁止を求める仮処分を東京地裁に申し立てたと発表した。

 申立書によると、寺沢さんは2月1日、警察庁などに記者会見出席の申し入れをしたが、同庁は庁舎管理やセキュリティーの観点からフリー記者の会見出席を認めなかったという。寺沢さんは「制限を設けず記者会見に応じるという民主党の方針にも反する」と主張。警察庁は「今後、申立書の内容を確認した上で、適切に対応する」とコメントを出した。【長野宏美】

<偽札>2容疑者逮捕 東北4県で使用か(毎日新聞)
京都の世界遺産周辺、組事務所の新設禁止へ(読売新聞)
<阿久根市長>毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否(毎日新聞)
324政治団体が不動産保有=陸山会が突出9億円−総務省調査(時事通信)
愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-12 18:13

児童虐待、家庭へ「強制立ち入り」可能に(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 10日 懸賞

 全国の警察が摘発した昨年の児童虐待事件は335件で、2008年度に児童相談所が対応した児童虐待件数も4万2664件と、いずれも過去最多だった。

 08年4月施行の改正児童虐待防止法では、児童相談所は家裁の許可を得れば、家庭への「強制立ち入り」ができるようになった。

 しかし、08年度、玄関のカギを壊して児童を一時保護するなどの強制立ち入りをしたのは、自宅アパートから異臭が漂っていたケースなど、全国でわずか2件だけ。奈良県桜井市の事件のように兆候を察知するのが困難なケースも多く、虐待によって児童が死亡した07年1月〜08年3月の73件(心中は除く)のうち、13件は関係機関が情報を事前に把握していなかった。

 09年4月施行の改正児童福祉法でも、保健師や助産師らが乳児のいる全家庭を訪問し、問題があれば養育支援の訪問をするよう市町村に努力義務を課した。

 ただ、09年度に「乳児訪問」を実施した市町村は84%で、「養育支援訪問」は55%にとどまるなど市町村の体制は不十分なまま。全国の児童福祉司も約2400人と、10年間で人員は倍増したが、約4倍になった相談には追いついていない。

 児童虐待防止法は「虐待の疑いがある」という程度でも、気づいた人は児童相談所に通報するよう義務付けており、厚生労働省虐待防止対策室の杉上春彦室長は「早期発見のため、積極的に通報してほしい」と話している。(社会部 木下吏)

<JR東日本>次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
原子力副読本 小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
300〜400法人 近く各省にヒアリング 枝野行刷相(産経新聞)
<小林氏陣営違法献金>小林議員、説明なく去る…北教組逮捕(毎日新聞)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-10 23:13

神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か−兵庫県警(時事通信)

懸賞 2010年 03月 09日 懸賞

 神戸市兵庫区の神戸港で男性とみられる遺体が見つかり、兵庫県警が他殺の可能性もあるとみて捜査していることが4日、捜査関係者への取材で分かった。遺体を司法解剖した結果、首の軟骨が折れていた。
 遺体は死後3〜4カ月とみられ、一部白骨化していた。所持していた社員証や携帯電話などから同県明石市で昨年11月に行方不明になった40代前半の男性会社員とみられるという。県警はDNA型鑑定で身元の特定を急ぐほか、周囲でトラブルがなかったかなど調べを進める。 

【関連ニュース】
平岡さんの靴と特定できず=DNA試料集まらず
容疑の元Jリーガー逮捕=少女にわいせつ、金奪う
検察側、無罪求め謝罪=「長期服役、取り返しつかない」
強盗殺人容疑などで再逮捕へ=千葉大生殺害、来週にも
知人の57歳男を指名手配=新聞配達員の女性殺害で

マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
吉本興業本社に脅迫状=社長、会長を名指し(時事通信)
ゴルフ会員権詐欺容疑で元社長ら再逮捕(産経新聞)
【新・関西笑談】大阪仲間ぐらし(2)元NHK解説委員 村田幸子さん(産経新聞)
「普通の人」の犯罪防げ=万引き対策で初の会議−警察庁(時事通信)
[PR]

by zyl3q1qe1t | 2010-03-09 10:49